中山秀征ジャナイズ5結成

singing-311578_1280.png






中山秀征ジャナイズ5結成


 

中山秀征がじゃないほう芸人とカバーアルバム

じゃないほう芸人と言えば、売れてない相方芸人

フォーリンラブのはじめ

アンガールズの中根

ザブングルの松尾

with Bの杉浦 金髪じゃない方・・

我が家 谷部

の5人と昭和のカバー曲発売

 

多様化する音楽シーンですが、昭和と言えばみんな同じ歌を流行歌として歌ってた

その良い音楽メロディーを生誕50周年記念として、中山秀征さんが発売する

今では、司会業が目立つ、中山さんですが、元々はお笑い芸人

1985年 松野さんとABブラザーズを結成





ライオンのいただきますでアシスタントデビュー


ライオンのいただきますは、時間帯が笑っていいとも!の次の時間帯なので続けて見ていた人も多くそのアシスタントで、有名になりました。



当時のお笑い事情


ビートたけしやさんま・タモリなどに続き、ダウンタウン・ウンナン・B21(ヒロミ)などの第三世代お笑いブームに押され ABブラザーズが解散した


松野さんはお笑いにこだわっていたが、中山さんは俳優や、歌手など幅広い活動に場所を移した


中山さんは、昔から変わらず今のポジションを維持してるように思える


特別に何かのブームを起こしたわけではないのだが、長年今のポジションを維持してるのは、芸能界では凄い事。


 

中山秀征さんの歌唱力


中山さんは 19 BOY STORYなどのCDを発売していますが、歌唱力は抜群です。


今回の曲は、演歌が多いのですが、それも万人受けするメロディーで中山さんのチョイスです。


1995年~2002年まで放送されていた THE夜もヒッパレ



そこでは、本物のミュージシャンが他人の歌を演奏してカバーするまさに、プロのカラオケ番組


そこでは、様々なアーティストの曲を歌っていた中山さんの歌唱力は抜群でした。


今回、ジャナイズ5は、昔のうなずきトリオを思い出す方もいるとは思います。


うなずきトリオとは、今でいうじゃない方芸人3人を、当時人気番組オレたちひょうきん族。番組プロデューサーの横澤彪さんが、ピックアップして歌手デビューさせた。


ビートきよし  たけし相方 (ツービート)


松本竜介    紳助相方  (紳助竜介)


島田洋八    島田洋七相方(B&B)


うなずきマーチが大ヒットしました。


今回のジャナイズ5も露出が増えてブレークしたら面白いですね。


歌もダンスもなかなか良い仕上りです。


中山秀征 と ジャナイズ5「星降る街角」(Short ver.)



スポンサードリンク





この記事へのトラックバック

人気記事