ケンブリッジ飛鳥欠場の世界陸上とボルトのラストラン

陸上・世界選手権


男子400メートルリレーに予選から出場のジャマイカの

最終走者のウサイン・ボルト選手

軽快な走りを見せ余裕の1位通過

 

日本も3位で予選を通過して

日本最速の桐生祥秀がリレーでしか出場機会がなく

軽妙なコーナーリングでケンブリッジア飛鳥にバトンをつなぐも

すこし詰まったと言う表現でタイムロス

リオ五輪で銀メダルをたぐり寄せたお家芸のバトンワークは成功したとはいえなかったが

なんとか3位通過で

いざ決勝の舞台









今回桐生祥秀は、個人種目に出ていない
個人種目の出場がなかった桐生は「ぼくだけまだまっさらなので、元気ですね」と笑わせ、飯塚は「内容がまだまだ、修正すれば決勝でも勝負できる」、ケンブリッジは「メダルを狙いたい」と力強く話した。

 

決勝の舞台は

アンカーを務めたケンブリッジ飛鳥がコンディション不良のため、決勝ではアンカーはベテランの藤光に代わった。

日本最速メンバーは組めない状態
 第1走者はスタートが得意の多田。“大外”の9レーンでロケットスタートを決め、第2走者の飯塚へつないだ。続く第3走者は、100m代表を逃した桐生。必死で踏ん張り、急遽アンカーに抜擢された藤光へ。この時点で、3位はジャマイカだったが、このレースが引退となるボルトが、バトンを受け取って、すぐに左足を痛め“ケンケン状態”となり脱落。藤光がボルトを抜き去りイギリス、アメリカに続く3位に入った。

 

日本はアンカー前で4位メダル絶望と思わせたが

まさかのジャマイカ、ウサイン・ボルトが負傷で残り30mでリタイア



出展元デイリースポーツ

日本は4位から3位浮上で

世界陸上初のメダル獲得

 



出展元PAGE

ハプニングの連続だが見事日本メダル獲得

 

今大会を最後に現役引退を表明しているウサイン・ボルト

後味の悪いラストランになったが

Facebookでは感謝の言葉で締めくくっている

5連覇を逃したジャマイカは

主催者に寒すぎる招集所とクレームを出してる模様で

また一波乱ありそうな予感だ

 
Sponsored Link






ボルト引退会見 復帰の可能性完全否定「多くの人が復帰して醜態をさらすが俺は違う」

この記事へのコメント

人気記事