燃える男星野監督死去


Sponsored Link










星野仙一さん死去、70歳


元中日ドラゴンズエース

星野さんが癌のため亡くなった

打倒巨人で戦い続け

人気を得ていた

星野さんは、テレビ出演も多くしていて

人気者であったが

燃える闘将として、中日の監督

阪神、楽天などで務めた

 

燃える男星野逝く

 

中日リーグ優勝


中日の生え抜きとして、中日を優勝に導いた

その後、野村監督の後任として

人気球団阪神の監督に就任

 

優勝は厳しいとの前評判を覆し低迷していた阪神を、優勝に導く

阪神フィーバーを復活させた

立役者

 

18年ぶりに阪神優勝を導いた闘将である!!



Sponsored Link







オリンピック監督


2008年の北京オリンピックでは日本代表の監督も務めた。

オリンピックでは、金メダルを目標に挙げたが

4位に終わった。

 

楽天監督就任

楽天では、マー君

現在ヤンキースの田中将大投手を擁して

ジャイアンツとの日本シリーズを制した

 

楽天監督として「日本一」

 

被災地に元気を与えた
63歳で楽天の監督に就任。その翌年に「東日本大震災」が発生。被災地の球団監督としてチームを率いた。

就任3年目の2013年、エースの田中将大投手を擁して「日本シリーズ」を制覇。東北の被災地を勇気づけるとともに、自身初の「日本一」に輝いた。

2014年、星野さんは楽天監督を退任。成績低迷もあったが、国指定の難病(胸椎の「黄色靱帯骨化症」)を患った影響もあった。

 

この難病を理由に監督から退いた星野監督は

惜しまれながら、退団した

 

プロ野球の中日、阪神、楽天で監督を務めチームをリーグ優勝や日本一に導いた、星野仙一さんが4日、亡くなりました。70歳でした。





星野さんは岡山県出身の70歳。明治大学から昭和44年にドラフト1位で中日に入団しました。現役時代は、闘志あふれるピッチングスタイルから「燃える男」と呼ばれ、中日のエースとして14年間で通算146勝をあげ沢村賞も受賞しました。

現役引退後は、NHKのスポーツキャスターを務め、さわやかな笑顔とわかりやすい解説で人気を集めました。その後、昭和62年には中日の監督に就任して大胆な戦力の入れ替えなどでチームを改革し、2回のリーグ優勝を果たしました。






Sponsored Link






この記事へのコメント

人気記事