中島美嘉離婚遠距離恋愛で逆転現象

2014年12月25日に結婚


 

中島の一目惚れで始まった

結婚生活

当初は、中島のひとめぼれ

結婚生活も

東京と大阪の遠距離結婚生活で

家族としての時間を作ることが難しかったという中島さん

 

 

 

 

画像出展元ニフティ

“微妙な関係”


 

中島さんのインタビュー記事を見ていると

結婚生活当為より

恋人の延長だったと言う

 
「東京と大阪でのそれぞれの生活が多く家族としての時間を作ることが難しかった」
 
中島は東京に、清水は大阪に住む“遠距離夫婦生活”を送っていた2人。そのため月に3~4回ほどしか会う機会がなかったという。
 
結婚した2年後の2016年11月に受けたインタビューでも、中島は「まだ夫婦という感覚にすらなれていない」と明かしていた。また関係性についても、「会えない分、会うと嬉しいし、夫婦というよりはまだ恋人同士みたいな感覚ですね」と述べている。

大阪と遠距離で月4回程の夫婦生活

元々中島さんが清水さんのファンで

中島から手紙を渡して交際に発展したが

結婚生活の中で

逆転現象が起きていた

どちらかというと後年は、清水の方が中島にベタ惚れ

中島さんが飽きた?ということなのだろうあか?
もともと、奇抜なファッションで知られていた中島。アスリートの妻は本来、夫よりも目立つべきではないが、華美なファッションの中島が試合場に来るとどうしても目立ってしまう。おまけに、中島の関係者は“VIP待遇”を要求するので、バレー関係者の間ではあまり良く思われていなかった」(Vリーグ関係者)

 





結婚から3年あまり

ラブラブだった2人だが

遠距離のなかで次第に心のすれ違いが出来てしまったのだろう

 

清水はパナソニック・パンサーズに所属する

バレーボールの1流プレイヤーである

ゴリの相性で、全日本を引っ張て来た

 

中島さんは、1流アーティスト
中島は2010年10月に両側耳管開放症の悪化を理由に無期限の音楽活動休止を発表し、半年後に活動を再開した。このミュージシャンとして苦しい時期に、清水の親身のアドバイスで救われたことなども明かしていた。

 

遠距離恋愛の中で

また2人の気持ちも冷めて行ったのであろう




この記事へのコメント

人気記事